ダブリンで自転車生活!

ワーホリ生活
スポンサーリンク

こんにちは、翔です。

今日は、私のダブリン生活に欠かせない自転車について紹介します。

紹介するってほどでもないんですが、購入を迷っている人へのススメとして書いてみました。

ダブリンのバス代は結構高いので、交通費を節約したい人は是非!

どうやって自転車を買うか?

私は、滞在2ヶ月目で引越しをしたのを機に中古自転車を購入。

家からシティセンターまで自転車で20〜30分くらい。楽チンです。

どこで購入するか?ということですが、

私はMixBを通じて日本人の人に中古を譲ってもらいました。

中古自転車の相場は、50〜150ユーロ。

ちなみに、新品はピンキリですが200〜400ユーロといったところ。

もっと高いものはいくらでもありますが、趣味がサイクリングという人以外はスルーで。

こだわりがなければ、中古で十分です。

MixB

MixB | アイルランドのコミュニティサイト、クラシファイド掲示板
アイルランドの不動産、求人、コミュニティ、個人売買、帰国売りなどの情報が多数掲載されているクラシファイド掲示板です。 アイルランドの生活情報をお探しの方は是非ご覧ください。

上記の「売ります/買います」ページで、日本人同士の不要品のやりとりが行われています。

「売ります」ページでちょうどよく自転車が売りに出てれば連絡してみるのもよし。

私は、「買います」ページに投稿したところ、3件ほど連絡をもらいました。

ネット経由で中古品を譲ってもらう場合は、基本的に待ち合わせて現物受け取りです。

ということで、私は安心の日本人から売ってもらいました。笑

LINE

また、「アイルランド情報交流板」というLINEグループでも、同様のやりとりがあるので、

自転車を売っている人をLINEグループで探してみるのもありだと思います。

多くの人が、帰国前に不要品を売っているので、その中に自転車もあるかも。

現地自転車屋

もちろん、ダブリンにはたくさんのバイクショップがあるので、お店に行って買うのもあり。

新品は軽く200ユーロ以上はするので、お高め。

ただ、自転車屋の店頭にも中古自転車が並んでいることも多いです。

1年以内の短期滞在であれば中古で十分だと思うので、探してみる価値はあります。

ちなみに、オンラインで購入してバイクショップで受け取り、ということもできます。

友達に譲ってもらう

案外多いのがこのパターンです。

引越し予定や帰国予定の友人から不要になる自転車を譲ってもらう人が多いです。

自転車以外に必要なものを用意!

ということで、とりあえず中古自転車を購入で良いと思うのですが、

自転車本体にも用意しておきたいものも念の為紹介します。

自転車の鍵(ロック)

自転車本体にはお金はかけず、ロックにお金をかけましょう。

まじで盗難が多いので、簡単な鍵は意味をなしません。

私が使っているのはこちらのタイプ↑

40ユーロくらいしますがオススメ。私は自転車と一緒に譲ってもらいました。

The Best Bike Lock for 2020
We picked, sawed, chopped, and cut more than two dozen bike locks to find the safest and most affordable way to secure your bicycle. Here’s what we discovered.

こちらの記事によると、「Best Bike Lock」らしいです。笑

GIF from https://thewirecutter.com/reviews/best-bike-lock/

理想は、ロックをタイヤと自転車の主軸両方にかけることです。↑

これだと盗まれるのは、最悪でもサドルだけなので、被害は最小限に抑えられます。

私は、チェーン部分を持っていないので、後輪かサドル軸につけています。

それでも、一度前輪を盗まれました。

修理に持っていくと、タイヤとかチェーンもろもろで90ユーロかかりました(泣)

中古の自転車がもう一個買えるレベル。

夜行ライト&ベスト

自転車のライトは必須ですし、自転車に付いてこないので購入が必要です。

自転車屋だと、これも10〜20ユーロはします。

ライトは、取り外しができるタイプで駐輪のたびにはずすことをお勧めします。

なぜかってもちろん、ライトもすぐに盗られるからです。

お勧めは、自転車屋の本格的なヤツではなく、フライングタイガーで買える安いやつ。

こういう形のやつが、2個セットで4ユーロくらいで売っていて、前と後ろにセットします。

取り外しも簡単。安いから取られても精神的ダメージが少ない。←重要

2回ほどはずし忘れて盗られたけど、まあ許容範囲です。

あと、みんな着ている蛍光ベスト。

とにかく、夜はみんなこれ着ています。

個人的に、黄色の部分とか暗闇ではなんの意味もなしてないんですが、まあないよりまし。

夜間にライトやベストなどの対策をしていないと、警察に見つかったら止められるので注意。

防水グッズ

雨の多いダブリンで自転車を乗る場合は、防水対策も大事。

ダブリンの雨は小雨が多く降ったり止んだりが多いので、私は多少の雨なら普通に自転車を選びます。

さっきのベストもそうだけど、とにかく皆は見た目とか一切気にせず機能性を重視しているので、

郷に従って、多少不格好でも雨よけの格好して自転車に乗った方が良いです。

多くの南米系友人からオススメされたのは、「GUINEYS」という店に売っている激安カッパ。

6ユーロで売っているユニセックスの防水ズボンがおすすめです! 

上着は、普通にレインコートとか着ている人も多いですが、ズボンが案外濡れるので、

普通にGパンの上からガバッと履けるタイプで格好は変だけど役に立つ。

上着はポンチョ着てます。キャップとかニット帽の上から着てれば、だいたい全身守られます。

ま、ここまでして自転車乗りたくない!という人もいると思うので、これは個人の判断ですが…

私は通勤で自転車を使っているので、

「お金を稼ぎに行っているのに、バス代でお金を使いたくない!」という意地がすごい。笑

安全運転を心がけよう

色々と装備のことを書きましたが、一番は安全運転です。

ダブリンの街中のほとんどは、車道の横に自転車レーンがあって、

自転車はそのレーンを使って、車と同じ交通規則を守って運転をします。

横でビュンビュンと車やバスが通りすぎるので、最初は少し怖いかもしれませんが慣れたら平気です。

あとは、自転車ガチ勢がものすごいスピードでサイクリングしているのにも注意。

日本で原付に乗っていたので、その感覚とほぼ同じ感じでした。

信号も車と一緒なので、指示機の代わりに手信号をしている人が多いです。

最初は、教習所で習って以来、始めて本物の手信号を見かけた!と思いました。笑

もちろん、車と同じなので左側通行です。逆走すると大変危険です。

ヘルメットを着用している人もかなり多いので、心配な人はこちらも購入しましょう。

盗難に遭わないために

最後に、散々と言っていますが、盗難には気をつけるに越したことはありません。

日本よりは多いかな〜といったくらいですが、自分も一度痛い目にあっているので、

念のために、盗まれないようにするポイントだけ。

なるべく人通りの多いところに駐輪する
自転車のロックは厳重に!(タイヤと主軸に必ずかける)
2日以上、外に駐輪しっぱなしにしない

めちゃくちゃ当たり前ですけど、こんな感じ。

 

色々と注意点を書きましたが、ダブリンは自転車があると本当に便利です!

晴れた日はサイクリングに出かけるのもよいと思います。

快適なダブリン生活をお過ごしください〜!!

コメント