ワーホリ・長期旅行のおすすめパッキング法!

ワーホリ準備
スポンサーリンク

こんにちは!

自称・旅行大好き人間の私が今回のワーホリで実際にしたパッキングをご紹介します。

今回のパッキングはかなり苦戦しました…

1年分の荷物をいかにコンパクトにいかに隙間なく持ってくるか!!!笑

スーツケース選び

正直、スーツケースは今回買い足していないので詳しい話はできないのですが…

ただ、元旅行会社勤務でしたので、少しの知識はあります。

だいたいの航空会社は、預入荷物3辺158cm以内のスーツケースが規定です。

日本で売ってるスーツケースはほぼその大きさ内なのでご安心を。

今回私は、約80L(Lサイズ)と約60L(Mサイズ)のスーツケース2つを持ってきました。

ちなみに、小さい方は「BRANIFF INTERNATIONAL(ブラニフ インターナショナル)」

という旅行グッズのブランドデザインのスーツケースです。

昔のアメリカの航空会社で、そのデザインが使われているからなんかレトロで可愛いのです。

約5年ほど愛用して海外旅行にも10回以上連れて行ってますが、まだまだ現役。

しかもステッカーもついてくる。はあ〜他のグッズも欲しい・・・

大きい方は、いつもは出番がない。昔留学してた時使ったのを引っ張り出してきました。

個人的には、1年などの長期滞在にはスーツケース2つが一般的だと思います。

1つは、やっぱり一番大きいサイズ。ギリギリ158cm内のやつです。

2つ目も、一般的には70L以上の私のよりもう一回り大きいものが使い勝手が良いと思います。

もちろん、一番大きいサイズLサイズ×2でも良いです。

ただ、特に女性の方、自分で運ぶ場合のことも考えて選んでくださいね〜

私は明らかに持ち運べないと思って、空港着いてからはタクシー移動しました。正解でした。

とにかくかさばるのは服…

衣類が圧倒的に量が多くて容量を占める!!!

圧縮袋とかまるめて収納とか色々な方法がありますが、

私は、何度も旅行行くたびにこれが一番楽だしコンパクトだという結論になりました。

オーガナイザーに入れる!以上!!!

この子達のいい所は、オーガーナイザーに収まらない服は持っていかない!と諦めがつくこと。笑

だいたい自分のスーツケースの半分に収まるようにオーガーナイザーを用意して、

詰められるだけ詰めたら、それ以上の服は重量オーバーと自分で制限できて、服の入れすぎを防げます。笑

ほんとに服はそんなにいらない!現地で買える!着回せる!

(もちろん、ダブリンでもオシャレしたい人にとっては服は日本のやつの方が可愛いとは思いますが)

これは私の基準ですが、下記のイメージでいつも準備しています。

60L・Mサイズのスーツケース :12L×1つ、6L×2つ

80L・Lサイズのスーツケース :12L×2つ、6L×2つ

今回は、2つのスーツケースを使うのでオーガナイザーも買い足してフル動員。

ニットとか分厚いものは圧縮袋に入れた方が良いのですが、今回は、大きめニットは1着に厳選。

かさばるものは現地で買うことにして、結構厳選しました。

当たり前ですが、オーガーナイザーごとに入れるものも仕分けします。写真の内訳は、

12L を3つ:ボトムス類×1、秋冬春ニット×1、夏物系×1

6L を3つ:ヒートテック等下着系×1、部屋着系×1、秋春系の薄着×1

下着類は「巾着袋」が便利

女性のみなさんは下着も結構準備が大変ですよね〜

ワーホリの場合は、4〜5日分程持っていき、あとは現地で購入した方が良いと思います。

こちらではとても安くで揃えられますし、こちらのガサツな洗濯機で洗うことを考えると、

そんなもので十分だと思います。大事な勝負下着は日本でお留守番をおすすめします。

さて、下着類は、きんちゃく袋にいれて収納します。

靴下で一袋、下着・タイツで一袋。

これも、用意した巾着袋に入らない分はもう持っていかない。あくまで一袋ずつ。

巾着袋も突っ込むだけで良いし、パッキングの時に臨機応変に隙間を埋めてくれるので便利。

細かいものはとにかくポーチに仕分ける!

整理整頓が苦手な人にこそオススメしたいのが、とにかくポーチ収納!!

こちらも家のポーチを総動員して、もしくは100均などで大量に買ってパッキング。

こんな感じで、私は家のポーチを適当に使ったので不揃いですけど、中身はこんな感じ。

・常備薬ポーチ(風邪薬・胃薬・塗り薬・体温計などなど)

・文房具ポーチ(ペン替え芯・付箋・マスキングテープ・クリップなどなど)

・化粧品予備ポート(爪切り・耳かき・ピンセット・化粧品の詰め替えなど)

・アダプタ類ポーチ(延長コード・充電器・変換アダプタなど)

ちなみにポーチの中も整理整頓したい人は、100均で売っているジップ付き袋セットが便利。

こんな感じでかさばるコード類もすっきりします!

アダプタ系は、海外旅行の時もこんな感じで準備してます。必需品なので。

ここまでしたくない、という人はとにかくポーチにぶち込んでください。笑

ちなみにこの写真に写ってる延長コードまじでおすすめです!!!めっちゃ便利。

もともとコンセント部分が、5タイプに変換できるようになってて、どこでも即使える。

しかも、コンセント2個口&USB2個口というハイパー便利な仕様。神。

旅行ではすべての電子機器の充電が命取りなので、いっぺん全部使えるのありがたすぎる。

Amazon.co.jp: YAZAWA ヤザワコーポレーション 海外用マルチ変換タップ HPM6AC2USB2WH 924724: ホーム&キッチン
Amazon.co.jp: YAZAWA ヤザワコーポレーション 海外用マルチ変換タップ HPM6AC2USB2WH 924724: ホーム&キッチン

これです。大きい家電量販店でもいろんな種類売ってるので是非是非。

ワーホリとか留学の現地生活でも、シェアハウスではコンセントもみんなでシェアだから、

こうやって1つの延長コードだけで使えれば、肩身の狭い思いもすることないし!良き!

語りすぎました。笑

あとは詰め込むだけ!!

もっと細かいパッキング便利術は、旅行系youtuberとかブロガーの方々がすでに紹介しているから、

もうすっ飛ばしますね!!!笑

私もいろんな方法をネットで調べて試した結果、自分流でやっていますが、

とりあえず細かく準備しすぎると(ジップロック仕分けとかね。笑)、最終場面になって、

入りきらない!!とか、どこになにをやったか忘れた!!とかになりがちだったので、

オーガナイザーやポーチ自体を分類して、あとは詰め込むだけという方法に行き着きました。

でもスーツケースはとてもすっきりして見える!どこになにがあるかも覚えやすい!

実際の私のワーホリ前の準備中です。結構すっきりして見えませんか?

パズルみたいでおもしろいです。

ちょっとした隙間はタオルとか入りきらなかった小物をつっこんでます。

おすすめ旅行グッズブランド!

ということで、是非是非みなさんもオーガーナイザーやポーチパッキング法(勝手に名付けた)で、

すっきり綺麗に見えるけど、案外簡単なパッキングを楽しんでください。

私はいつも、旅行の前夜にパッキングして間に合ってます。笑

オーガナイザーで使っていたのは、ミレスト(「MILESTO」公式オンラインストア)というブランドです。

私は、このブランドの大ファンで旅行で使うものをできる限りここで揃えています。

私の愛用のカバンたち。シンプルなデザインも可愛いし、

カバン類も旅行のことを考えられた作りになっていて、一つ一つありがたい…という仕様。

旅行用スリッパも機内持ち込みできるスーツケースもミレストの使ってます。

成田空港にあったお店で一目惚れした後、大阪にも店舗ができて用もないのにたまに寄ります。

関西空港にもお店あるから時間があれば物色してます。

もちろんWEBサイトもありますので、皆さんも是非是非!!



コメント