GNIBカードの申請に行きました

ワーホリ生活
スポンサーリンク

アイルランドについて2週間ほどたちました。

語学学校に通う一方で、着いてから色々とやることが山積み。

今日は、その一つ、GNIB(IRP)カードについてお話しします。

これからアイルランドへワーホリに来る方には参考にしていただけると思います。

GNIB(IRP)ってなに?

GNIBは、Garda National Immigration Bureauの略です。

※2017年から、GNIB cardは Irish Residence Permit (IRP)になったそうですが、現地ではみんなGNIBって言ってますね…

まあ、名前の変更は特に気にしなくていいと思います。

私たち日本人が、3ヶ月以上アイルランドに滞在したい場合は、

入国してから3ヶ月以内(正確には90日以内)に外国人登録をしなければなりません。

ワーホリビザといっても、オーソリゼーションの証明書だけではだめなのです。

イミグレ(immigration)のオフィスのことをGNIBといいますが、そこに行って、

パスポートに1年滞在のスタンプを押し直してもらい、GNIBカード発行の手続きをします。

これがとんでもなく時間がかかる

特にダブリンは…

GNIBカードの申請の仕方

Home
Click here for more information for Ukraine Nationals and their family members arriving in Ireland Afghan Admissions Programme has now closed for application

一応、GNIBの公式WEBサイトにて最新の情報をチェックしてくださいね。

私が取りに行ったのは、2019年3月上旬の話、ダブリンでの場合です。

アポイントメントをとる

これが難関。

アイルランド、特にダブリンは、本当にたくさんの移民であふれています。

一昔前は、朝からイミグレオフィスに長蛇の列を作って1日中待って申請したらしいのですが、

現在はオンラインでアポイントを取ってから訪問に変更されています。

このアポイントがなかなかとれない。

ほかの日本人の方にも聞いてみたけど、皆なかなか苦戦したと言っていました。

Burgh Quay appointments
Welcome • Fáilte • Bienvenue •欢迎 • Bienvenido • أهلا بك Immigration Service Delivery Registration Office Appointment Booking System Seachadadh Seirbhís

このページからアポイント予約申請を行います。

必要事項を入力して、直近の空いている日を調べる…

「no available」

何度更新しても、、、、、、、空いてない!

ちなみにイミグレオフィスに「全然予約とれないんですが」と言いに行ったら

「10:30と14:30にアクセスしてみて、更新されてアポとりやすいから」と言われたけど、全然。

ちなみに、10週間前から予約できるので、日本にいるうちに予約することを強くおすすめします。

というか、普通はそうするもんみたいだけど、知らなかった…。

そこで、ほかのブログでもオススメされていますが、下記のアプリを使いました。

GNIB Appointments

GNIB Appointments
開発元:Alexandr Zavalii  
¥120

一応、非公式。そして120円かかりますが絶対ダウンロードしたほうがいい!!

通知ONにしていると、アポイントの空きが出た時に通知で教えてくれます。

私の場合は、アプリ使い始めて1週間以内でアポイントがとれました。しかも直近。

ほかの人にもびっくりされました。

アポイントがちゃんととれたら、メールが届くので確認してください。

持ち物をチェック

アポイントの日に持っていくものは、

パスポートオーソリゼーションのラミネート証明書だけでOK。

アポイントメントのconfirmation mailは、プリントアウトせずスマホの画面見せるだけでいけました。

あと、300€かかりますのでご準備を。

高い。登録にほぼ4万円、、、!

マスターかVISAのクレジット/デビットカードでOKなので、忘れずに持参してください。

当日の流れ

オフィスは、シティのど真ん中にありますので行きやすいです。

※ダブリン以外の方は、滞在地を管轄する警察署でおこなうそうです。

まず、受付でスマホのメール画面とパスポートを提示。

パスポートに番号の紙を貼ってもらって奥の待合室へ移動し、待機。だいたい1時間。

住所と連絡先を書く紙も渡されるので待ち時間のうちに書いておきます。

番号が電光掲示板で呼ばれたら、番号の点滅してるブースへ。

パスポートとオーソリゼーションを渡すと、スタッフがひたすらなにかを入力…

そして、カメラが席の横についてるので顔写真を撮影されます。

そのあと、その場でカードで300ユーロを支払いました。

人差し指だけ指紋をその場でとるのですが、指紋をとる別室が奥にあるので、

そこに呼ばれるまでまた待ちます。これは10~15分くらいだった。

呼ばれたら入室して一本ずつ指紋をとる、、全部終わったらサインをして終わり。

あとは、またまた待合室で待って、名前が呼ばれたら、パスポートを受け取って終了です。

パスポートには新しいスタンプが押されていて、ちょっと感動しました。

これらすべてでだいたい2時間半ほどかかりました。

家にカードが届く

イミグレでカードが10日以内に届くよと言われました。

が、噂では2週間以上かかる場合もあるようです。

特にワーホリビザだと遅いとかなんとか…

私はちょうど2週間後くらいに届きました!

白い封筒に、レター1枚とカード。写真がひどい顔。

まだまだやることは山積みですが、ひとまず一つクリア。

 

コメント

  1. […] WANDERLUSTさんのブログ 記事:GNIBカードの申請に行きました 『たかホリ』さんのブログ 記事:【外国人登録の方法】2018 アイルランドワーホリ(GNIB、IRP)/ […]